株式会社 エス・スタイルは、解体・破砕・切断・掘削等に使用される建設機械用アタッチメントのカッター刃 【龍馬刃】 の企画・開発・設計・製造・販売を行っております。

オススメ特選包丁は?

包丁を使い分ける事で料理も捗りますが、様々な食材の種類と特徴、それに適した調理があります。
どんな包丁を選べばいいのか、わかりやすいポイントを紹介していきますので、包丁選びの参考にしてみてください。

包丁の種類と用途

舟行包丁

魚をおろす事に特化した包丁で、漁師が舟の上で使う事が多かった事から舟行包丁と呼ばれます。
出刃包丁に比べ薄く、刀身の幅も狭いため魚の三枚おろしもしやすく使い勝手のいい包丁で、魚のみならず野菜や肉の料理にも利用可能です。

【主な食材】 → 野菜

小包丁

小魚のおろしなどに重宝します。小さいけれど鋼は他の包丁と同じ素材ですのでよく切れます。
小包丁は三徳の小さい版というような感覚で普段の料理や、軽いので女性も扱いやすく大変人気のある包丁です。

【主な食材】 → 野菜

菜切包丁

菜切包丁は幅が広く刃はまっすぐ、刀身は軽く薄いのでその名の通り野菜を切るのにピッタリな包丁です。
キャベツやハクサイなど千切りやきざみ、ダイコンの桂剥き等に大変重宝します。

【主な食材】 → 野菜

出刃包丁

主に魚をさばくために使う包丁が出刃包丁です。
刃が厚く重い刀身で魚の身を切ったり頭を落としたり、骨ごと叩き切るといった用途が可能です。
捌く魚の大きさによって使う出刃包丁の種類も異なりますが、ご家庭では刃渡り20cm以下のサイズがお勧めです。

【主な食材】 → 

柳刃包丁

柳刃包丁は関西型の刺身包丁で、柳葉、正夫とも呼ばれます。
刀身が細長いため、刃元と呼ばれる刀身の一番柄に近い部分から切っ先まで一気に引き切る事で、お刺身など切り口が綺麗で角が立ち料理を引き立てる事が出来ます。

【主な食材】 → 

小柳刃包丁

通常の柳刃包丁よりも刀身が短い、ミニサイズの柳刃包丁です。
果物の皮むきや野菜のヘタを取ったり飾り切りしたりなどに重宝します。

【主な食材】 → 野菜果物

土佐型包丁

高知土佐で使われている三徳包丁です。

【主な食材】 → 野菜

三得包丁

三徳包丁は菜切包丁と牛刀包丁のいい所を合わせた家庭用包丁です。
これ1本あれば肉、魚、野菜など幅広い用途で何を切るにも使え、最初の1本として多くの方に選ばれ大変好評です。
三徳の意味は「三つの用途」を意味し、肉、魚、野菜など幅広い材料に対して様々な切り方が可能です。

【主な食材】 → 野菜

筋引包丁

牛刀包丁の刀身をそのまま細くしたような形状で、肉を筋に沿って切り離す作業等に使用されます。

【主な食材】 →

ペティナイフ

ペティナイフは野菜や果物の皮むきといった小細工に向いている包丁です。
ケーキ用のフルーツや野菜の飾り斬りなどの用途にも使える小型の万能ナイフです。
なお、ペティナイフとは和製英語で英語圏ではパーリングナイフと呼ばれています。

【主な食材】 → 野菜果物

包丁の素材について

当店の包丁は「青鋼」(別名「青紙」)と呼ばれる安来鋼(やすきはがね)を使用しております。
一般家庭で多く使われている「ステンレス」製の包丁と「鋼」の違いについて簡単にまとめました。

    ステンレス
切れ味 刃が硬く、切れ味は鋭い  > 柔らかい素材なので、鋼よりも切れ味は落ちる
持続性 良い切れ味が持続  > 比較的短期間で切れ味は落ちていく
サビ 刃に水分が残っていると、サビる事がある  < サビに強く、水分が残っていてもサビにくい
研ぎ易さ 比較的簡単に研ぎ直しが可能  > 研ぎ味が悪く、研いでも短期間で切れ味は悪くなる

メンテナンス性はステンレス製が優れています。ただ、「斬る」という包丁の本質から比較すれば、鋼の包丁の方が優れた切れ味を持続します。
龍馬刃【鋼】の包丁は、完熟トマトの皮を「つぶす」のではなく、「切れ込む」感触が味わえますので、是非一度お試しください!

黒打ちと磨きについて

焼入れにより黒くなった表面(酸化膜)を、そのまま残している物を「黒打ち」仕上げといいます。
黒打ち仕上げの酸化膜を磨き落としたものを「磨き」仕上げといいます。
磨き仕上げの方が若干錆びにくく、黒打ち仕上げは錆びても目立たちにくいと言われますが、切れ味に違いはありません。黒打ちの無粋な姿を好まれる方もいらっしゃいますし、磨き仕上げの美しい輝き(上質感)を好まれる方もいらっしゃいます。 見た目の「好み」でお選びください。

PAGETOP